赤子

カワイイ赤ちゃんを乳児湿疹から守る|丁寧にケアする必要があります

赤ちゃんの服は大きめで

洋服

小さなお洋服の特徴

赤ちゃんが生まれるにあたり、出産準備品を見ていると、本当に必要なのかと思うものも多々含まれています。しかし、必ずそろえなければならないのがベビー服です。赤ちゃんは服を何も持っていないため、生まれてすぐから着せる服としてベビー服が必要になってくるのです。しかし揃えるのに、少し価格が高いなと思うかもしれません。それにはきちんと理由があるのです。赤ちゃんの肌は大人に比べてとても敏感で、すこしの刺激に負けたりかぶれたりします。そのため素材のほとんどが綿でできています。肌着はもちろん、肌着の上に重ねて着せるベビー服も大人の服のように価格を抑えた化学繊維ではなく、きちんと綿の素材のものが多く、そのため少し価格が高く感じるかもしれません。

服の出費を抑えるには

価格の高いベビー服ですが、最低限の数そろえてもかなりの枚数が必要になってきます。そのため、必ず準備しなければならないものの大半を占めるこのベビー服の出費をできるだけ抑えるには、新生児のころから少し大きめを購入し、着せるという方法があります。サイズ50や60という小さなものは正直最初の数か月しか着ることがありません。その数か月のうちに季節も変わるので、長い期間着ることはまずありません。なので、1歳になるまでの1年間は、ワンサイズ大きめを準備して着せると、次の年も着ることができるのです。ベビー服は消耗品ですが、出きれば長く来てくれるほうが親としてはありがたいので、このワンサイズ大きめを準備する方法はおすすめです。