乳児と女性

カワイイ赤ちゃんを乳児湿疹から守る|丁寧にケアする必要があります

抵抗力の弱さが原因

眠る赤ちゃん

複数の原因がある

乳児湿疹は生後6か月頃までの赤ちゃんに出来る湿疹のことです。原因を特定することが難しいため、総称で「乳児湿疹」と呼ばれています。これは生まれたての赤ちゃんは大人に比べると肌を外部の刺激から守るバリア機能が弱いため、ちょっとしたことが刺激となってしまい湿疹が現れてしまいます。生後2週間ごろから乳児湿疹は増えてきますがそのほとんどは1歳〜2歳ごろまでには完治すると言われています。乳児湿疹にはおむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、あせも、乳児脂漏湿疹、食物やほこりのアレルギーなど多くの原因があり、いくら赤ちゃんとずっと一緒にいるお母さんだといってもその原因をはっきりと解明することはできません。しばらくしても症状が改善しなければ医師に相談してみましょう。

清潔を第一に

乳児湿疹の改善のためにはまずは適切な治療を受けることが重要です。それと同時に多くは赤ちゃんの肌がまだ外部からの刺激に耐えられるほど強くないということが原因となって起こるもののため、肌に余計な刺激にならないように生活を保つことが重要です。こまめな沐浴で余分な皮脂や汚れを洗い流すようにします。その時に使う石鹸も赤ちゃん用の刺激の少ないものを使って、なるべく肌に刺激を与えないようにします。赤ちゃんの肌を洗ったら、石鹸の泡も綺麗に洗い流すことを忘れないようにしましょう。石鹸成分が肌に残っていればそれが刺激となって湿疹が発生してしまう可能性があります。また、赤ちゃんが寝る布団もこまめに洗って皮脂汚れなどが内容にしておくのも清潔を保つために重要です。

豊富な種類が販売

ベビーカーと乳児

ベビーカーは最近ではハイシートタイプが人気です。夏場の照り返しなどから子供を守ったり、世話がしやすい点などが人気の理由です。購入する際には実際に現物をよく見て使い勝手などを確認することをおすすめします。

詳細を読む

育児はお得に楽しく

赤ちゃん

ベビーベッドは赤ちゃんを守るだけでなく、オムツ交換などお世話もしやすい作りになっています。使う期間は短いので購入を迷っている方はレンタルという方法があります。信頼できる業者なら洗浄や殺菌など衛生面でも安心です。

詳細を読む

赤ちゃんの服は大きめで

洋服

ベビー服は必ず準備しなければならないものですが、すぐサイズアウトしてしまうので、数か月着れればいいかもしません。そのベビー服の出費をできるだけ抑える方法は、新生児のころからワンサイズ大きめを買うようにすると、次の年も着れて新たな服の購入が抑えられます。

詳細を読む